ツヤっと輝く、大人女子力アップアイテムランキング

【Case 1】Re5:北海道で汗つかき

私も家族の多くが汗っかきで、幼少の頃北海道で過ごしたからではないかと思っています。

でも、夫も私と同じ年頃まで北海道で過ごしていながら、普段それほど汗をかきません。

私は冬でも通勤時には電車の中で汗ばむので、最近は分厚いコートはあまり着なくなり、ニットコートなどにして汗をかかない工夫をしています。

今はデパ地下で販売をしてますが、暑くて汗ふきふき。

自分自身暑苦しくて嫌なんですが、汗をかくのでしょうがないんです。

仕事のときはハンカチを2枚持って取り換えて使ってました。

「私ってホント汗かきで~」って話すと、95%以上の人に「じゃあ新陳代謝がいいんだね」っていう言葉で慰められます。

cold-1284028_640

 

【解説】寒い地域で育つと汗をかきやすい?

一般的に、暑い地域で育った人は寒い地域で育った人より汗腺の機能がよく、汗をかいて活動する能動汗腺の数も多くなる傾向にあります。

ですから、沖縄で育った人のほうが北海道で育った大より「汗っかき」のように思えますが、東京など同じ温度環境に住む場合にはどうでしょうか。

沖縄の大は汗腺の機能が高いので、より少ない汗で体温を調節でき、能動汗腺が多いため小粒で蒸発しやすい汗をかきます。

逆に、北海道の大は汗腺の機能が低く一定の体温を下げるために、より多くの汗をかく必要があり、さらに能動汗腺が少ないので大粒の汗を流れるようにかくため、より多くの汗をかいているような感じを受けるのです。

なお、汗腺の働きは、生まれてから3歳くらいまでに生活していた温度環境で決まるといわれています。